乳腺外科受診 ~マンモとエコーと血液検査とわたし~

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
Bookmark this on Google Bookmarks

b-007

深夜にしこり発見の朝、仕事を休ませて頂いて、
2年前に乳がん検診(この時は何も問題無し)を受けた病院へ行きました。

朝一番待合室で待っていると、混雑しているので、事前に看護師さんが軽い問診にやってきます。

「胸にしこりがあって・・」と告げると、看護師さんから「触っていい?」と聞かれました。

そこは総合病院なので待合室には男性もたくさんいます。
でもいいや  😥 と思って服の上から触ってもらいました。
そのときの看護師さんの反応・・・薄々結果わかりましたけれど w(:_;)w

やっと順番が回ってきて、苦手なマンモグラフィ!好きな人はいないですよね (^_^;)
立ったまま胸を台の上にのせ、片方ずつ挟む向きを変えつつ、両胸やります。
女性の検査技師さん(ラッキー)につぶされて、ヒィーっていう間に無事終わりました。

その後のエコー検査
ベッドに横たわり、透明な にゅるっとしたジェルを塗られて、
何だか粘土の伸ばしローラーみたいなもの(プローブといいます)で少しの力で押さえて、
あちこち入念に画像チェック。このとき、自分でもその画像を覗くことができます。
エコーでしこりは黒く映り、乳腺は白く映ります。

検査士さん2人に右胸を念入りに調べられ、
「糖尿病ではないですか?」
「いいえ。(ふーん糖尿病だと同じようなしこりができるわけね。)」

※その後調べましたが、1型糖尿病(免疫に障害有)の女性で
胸に固くゴツゴツとしたしこりができることがあるそうです。まぎらわしいのですね。

全部終わって乳腺外科の先生の診察。ものすごーく優しい丁寧な男性の先生。(4・50歳代?)
雰囲気がポワンとして、くまちゃんに似ています。

問診・触診の後、「乳がんの疑いがあります。血液検査もしますから帰りやっていってくださいね。」

あー注射も大の苦手な私。
絶対に針を刺しているその方向を見ることはなく、6本も採血され無事に終わりました。

結果は来週ということで、そのまま仕事に出かけた私でした。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

電子書籍で私が購入したものがこちら

名医が語る最新・最良の治療乳がん : あなたに合ったベストな治療法が必ず見つかる!!
中村清吾先生ほか

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です