乳がん切除手術前の検査づくし ~仕事もマニュアル作成で多忙~

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
Bookmark this on Google Bookmarks

空とぶpenguin?

 

手術前の検査

来月に乳がん切除手術が待っています。
差し迫って検査の嵐の日々です。
まず

  • 胸部レントゲン
  • 心電図
  • 呼吸器検査

これらは、全身麻酔の安全のためだと思います。

  • 右胸のみエコー検査
  • 造影剤ありCT
  • 造影剤ありMRI

この3つは術前抗がん剤治療でどこまでがん細胞が縮小したか調べるもの。
造影剤ありのCTでは前回具合が悪くなったりして心配しましたが、今回は問題ありませんでした。ほっとひと安心。

今回もCTとMRIは別の日の検査です。それにしても左胸上にCVポート留置したのだから、そこから造影剤入れてくれればいいのにまた腕からでした。(T_T) パワーポートのパンフにはこれらの造影剤にも使用できるって書いてあるのだけれど・・・
とにかく注射は嫌いなのでどちらにしても嫌なのですが(^_^;)

前回エコー検査で痛い思いをしたのですが、今回は違う女性の検査技師さんでした。
同じ人だったらたぶんものすごくがっかりした顔をしていたと思います。顔にすぐ出るタイプですので 😆
一応エコー検査のときに少し気になって
「少しは小さくなっていますか?」と聞いてみたものの
「先生から説明がありますから・・・」と結果は年明けまで持越しでした。

 

スポンサーリンク

 

年末と入院前の仕事で大忙し

抗がん剤治療中も仕事をずっと続けていたのですが、この半年、途中具合が悪くなると休憩室で休ませてもらったり、手先がおぼつかないと手伝ってもらったりしていました。非常に申し訳なく心苦しい感じもありましたが、ご厚意に甘えてなんとか仕事を継続できました。今まで入院や旅行以外で急な体調不良で丸1日お休みをもらったのも3~5日ほどだったと思います。

結構朝つらい日も多々ありましたが、なんとかなるものだなぁと感慨深げな私。
でも年末の仕事納めまでの忙しさとともに、来月入院で穴をあけるので先に仕事をある程度済ませる必要があり、必死なひと月でした。

勤務先は小さな会社なので仕事の役割が分かれていて、他の人が簡単に肩代わりできません。それで乳がんになってから万が一にも備え、PowerPointを使って全ての作業のマニュアル作成にも取り掛かっていました。必要なExcelにリンクを貼ったり、手順を詳しく書き記したり、今やっている作業の合理化も進めました。

でも抗がん剤治療で体調が万全でない中でやってきたので、この時点でまだ完成していませんでした。入院前まで!と気を奮い立たせて頑張りました。

入院がどのくらいの期間になるのか、退院してきてもすぐに働けるかどうか不安だったのです。私の場合温存か全摘かもわからないし腋下リンパもセンチネルをやるまでわからない状態。早く結果が聞きたいなぁ。ドセタキセルとハーセプチンは私の感覚ではFEC治療よりきつかったので、良い結果を望みたいです。

身体がうまく動かず、自宅は階段で3階まで上がらなくてはいけないのですが、各階段踊り場で息を整えつつのぼる毎日。お仕事も忙しいから大掃除は許してもらおうっとっ!(^^)!

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です