手術後の初出勤 ~傷口が痛いけれど~

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

昼間のお月様

温存手術後の痛み

乳がん温存手術で5日の入院後、自宅でしっかり養生していました。

でも一番困ったのが、寝返りが打てないうつ伏せで眠れない、いや横向きも痛い!
夜中無意識に身体がまわろうとすると、「イテテテ(+o+)」となるわけです。

結構胸の傷よりも、センチネルリンパ生検の傷のほうがひきつれてイタイ(T_T)
脇の下にあるから、手を動かしたりすると引っ張られるのですね。このくらいで痛いとか言っていたら、廓清(全部リンパとっちゃう)のひとはもっと痛いのかなぁ。私の我慢が足りないのか?

リンパ生検はちょうど右側だったので、利き腕を動かすことが多いし、あまりかばい過ぎると腕の可動範囲がせばまってしまうから、頑張って動かしました。

また思わぬ痛みもありました。身に着けている洋服の裏側の縫い目が当たるとイタイ!
手術前は問題なかったのですが、傷に当たるー
ので、ゆったりしたお洋服選びを心がけました。

退院後5日休んで出勤

木曜日から出勤。ブラウスが前述のとおり着られないので、ひとりだけ違う服装でスカートとベストのみ制服にて過ごします。

勤務先では病名を知らない人がほとんど、入院を知らない人も多いので、ぺこりと謝って平然と仕事に就きます。なんだかまた具合悪かったのねくらいで大丈夫でした。
でもこの会社毎朝しっかり掃除があります。うぅっ、ほうきがしっかり動かせないです。
事情を知っている同僚にお願いして、その辺はしばらく免除してもらいました。左手で拭き掃除。これくらいならば大丈夫。皆さんご迷惑おかけします。

私の仕事はデスクワークだったため、無理をしなければ仕事が可能でした。キーボードをポチポチ打って、もともと左手でマウスを動かすたちだったので問題ありません。

もし身体をうんと使う職業だったら、この期間での復帰は辛いと思います。
手術した側の身体を無意識にかばってしまい、反対側に無理がいって結構身体のあちこちが痛いです。

乳がんになってから、残業もグンっと減らしてもらいました。その分同じ部署の同僚は苦労したと思います。申し訳なく心苦しい気持ちがいっぱい・・・ 😳

事情を全て知っている年配の上司からは
「無理しないで休むときは休みなさい」とやさしく声掛けされます。ありがたいです。感謝。

でも比較的軽い手術で済んだし、生きるために頑張るのだ!誰も助けてくれないのだから。

みんなの心遣いに感謝しながら、仕事を続けるのでした。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です