顆粒の漢方薬を錠剤へチェンジ! ~患者会参加~

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

相変わらず求人の応募がパッタリ来ない職場にて、いつ辞めても大丈夫なように自分の職務内容のマニュアル化を片手間に進める毎日です。

一度ひとり面接には来ました。でもひと目で不採用とわかる立ち居振る舞いでしたので、ヘナヘナへたり込むほどがっかりしました。早く来ないと、もう首が伸びすぎてキリンになってしまうから(*_*;

漢方外来チーター先生の診察日、最近漢方の顆粒服用がちょっとストレスになってきているので、ちょっと聞くだけ聞いてみました。薬局で「漢方飲みにくいのならば、錠剤もあるんですよ。」と薬剤師さんがアドバイスくださったからです。

「良いですよ、では変えましょう。」   やったーd=(´▽`)=b
漢方薬って食前30分や寝る前など、もともと飲み忘れしやすいし、舌にざらつくあの感じも好きではないので良かった~。オブラート包みや薬服用ゼリーなどでもきつかったので、『良薬口に苦し』も毎日ずっと続くと良いお薬とは思えなくなってしまうので( ^^) _U~~

今回処方されたものは

medi010

  • ウチダの八味丸M・・・体力低下に伴う下肢の脱力感などに効く(写真左下黒い粒)
  • クラシエ加味帰脾湯(かみきひとう)エキス錠・・・血色の悪い人の不眠症や神経症に効く(写真上)今回、寝る前1回で9錠も服用します。

八味丸は、この頃太ももの付け根が両側とも痛み出していたことと痺れ、湿疹に処方されたのだと思います。漢方薬は人によって相性があるようなので、チーター先生もいろいろ試しているようです。夜間の寝つきもまだ完全に治っていなく、4時間ほどすると目が覚めてしまうということが良くありました。やっぱりうつの傾向があるのかしらと不安になります。

そんなとき、乳がんで通っている病院の患者会に参加してみました。今までもたまに参加はしてみたのですが、平日の昼間に開催されているので、なかなか参加できずにいました。

大きな広間に各種がん患者さんやご家族が集います。同じようながん患者さんでそれぞれに集まり近況を報告したり、質問したりしています。ご家族の方は、患者本人とどう接したら良いかなど聞かれていました。ここにたくさんのがん経験者がいるのでアドバイスも多く得られたようです。

私もさっと自分の病歴を話し、ここの病院の主治医にうつではないか?と言われ、ショックを受けたことをお話ししました。でも、ホルモン療法のうつ状態って良くあることらしく、なんだか私はうつ病ってハンコを押された感じを受けました。内心違うって、少しでも言って欲しかったのかも知れません。浮かない顔の私。 😥

このあと、この患者会に参加していません。マイク片手に大勢の前で発表することがあったり、乳がんのサブタイプや踏み入ったことを話すことがタブーとなっているようで、この会が少し苦手だったのかも知れません。私には合わない気がするだけで、活動内容はテレビ取材も受ける程、素晴らしいものです。がん患者の皆様もお近くの患者会にお顔を出されるといいと思います。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です