おひとりさま返上か?

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
Bookmark this on Google Bookmarks

sky-a024

今日はおひとりさまの環境が、様変わりした今日この頃のお話です。

2013年6月乳がん発見時に、当時高3だったひとり息子。
元々勉強が大っ嫌いな子だったので進学は諦めてもらい、手に職をつけて欲しいと母は願いました。
その願いも虚しく、バイト先の飲食店へそのまま就職すると言い出し、あまり信用の置けない会社+本人に調理師になる夢も何もなく、まして家でも調理は苦手、面倒なことが嫌い、許せるなら24時間ずっと眠っていたいというぐーたらな性格ゆえに私の大反対にあいました。

「そこに入社するのなら、家を出ていって!」とまで反対してみたのですが、あっけなく家を出て就職。

抗がん剤治療中も、息子との連絡は必要最低限のことのみ、もちろん手術した日自体も息子は知りませんでしたし、知ろうともしていなかったです。

半ば勘当同然で出ていったのですから仕方ありません。

まぁ心配されなくとも私はしっかりしているので、 😉 ずっとここまでやってこれたわけですが、最近になって「仕事辞めて、職訓受けてみる」とのこと。

実は高3の時、息子に私が勧めた進路先です。なのに今ごろになって・・(-_-#)

息子の勤めた会社はまさにブラック企業、休みもなく安月給で長時間労働していたようです。なかなか退職できず、辞めるときになって、有給が1日ももらえない、まだ勤務はあるのに寮から出るように言われ、1日2日で出なくてはならなかったり、やっぱりな会社の対応。

私は思いっきり「だからあんなに反対したじゃない!」と、ほら見なさい<(`^´)>的に怒っていました。

職業訓練校の試験まで結局うちに転がり込む以外になく、居候です。あんまり急で引越し業者も頼めず、私がレンタカーを借りて引越し作業を手伝い、ごみ溜めのような荷物に虫対策をしたり、服や洗える布団の洗濯など夜遅くまでお手伝い。

出戻ってくることの条件に、

  1. うそはつかない
  2. 母にストレスを与えない

ということを約束させました。息子との生活は、ほぼ毎日仕事から帰ってくるとガミガミ怒らなくてはいけない日々でした。
おひとりさまになってからはものすごく楽でした。だからこそ再発も無いのだと思います。

スポンサーリンク

 

息子が戻ってきた今、やっぱりだらしなく、仕事もしていないので放っておけば朝からずっと起きてきません。

職訓試験日まで時間もなく、高卒程度のテスト内容だというのにろくに勉強もしないでいる毎日。

またガミガミ怒らなくてはいけなくて、パート先が変わったばかりなので仕事もハードでダブルパンチ。日中間に合わなかった仕事を持ち帰り、自宅でもやっつける毎日のため、こちらには余裕がありません。

息子は私の乳がんを知っているのだから、それなりの対応を期待してしまいますが、あまり考えていない様子。高3途中で出て行く前も、具合が悪く、仕事から戻って玄関で横になっていても、それをまたいで出かけてしまうような息子ですから仕方ありません。(T_T)

もし職訓に落ちたら、また寮のある会社に勤めてください。^_^;母は耐えきれません。かわいい息子だからこそ、将来を思ってあれこれ言っているのに、前にも増して口ごたえが酷く、注意しても言い訳ばかりで謝ろうとしない、挙げ句私の面前で悪口をたたく有り様。

親子だから翌日は水に流して気にしないようにしていますが、度重なるとしんどいです。ひどい時には別々の部屋で口もききません。

親のありがたみは、親が居なくなってから気づくそうなので、今は辛抱の毎日です。

高校入試も全く勉強もせず、公立にさえ入れなかった息子、受験の辛さも経験なく過ごしてきています。この1ヶ月くらい、死ぬ気で頑張る意気込みを見せてくれたらどんなにか母は幸せでしょう・・・と思っても、まだそんな姿にお目にかかっていません。

というわけで、職訓の結果が出るまでは居候です。

少しは性格・生き方を見直して、これから長い人生において回りの人と仲良く過ごせていけますように。自分中心のものの考え方がなおりますように。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です