スプラトゥーンで WiiU2台目の罠

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
Bookmark this on Google Bookmarks

セーブデータがWiiU2台目に引っ越しできないですとぉ(-“-)

splatoon_04

WiiUスプラトゥーンというゲームにドはまりしている今日この頃ですが、このゲームは他にPCやスマホで参戦できないので、必然的に同じ家族で楽しもうとすると2台目の購入になるわけです。(うちの場合は事情が違いますが^_^;)

でもちょっと待て、1台目でアカウント作ってそれなりに育て上げたプレイヤーはそのままデータをNEW WiiUに持出ししたいですよね。

Wii U screenshots-02

WiiUの設定画面にこんなものがあったので試してみましたが、まず自宅に2つあったUSBメモリをWiiUが認識せず、それではと外付けHDDをUSBで接続、すると

外付けHDDをWiiUで使用するためには、HDDの初期化が必要 でその際、外付けHDD内のデータはすべて消去される』ですとぉ!

しかたなく、HDDに今入っていた自分のPCデータを他へ移動、さぁと手順通りにやってみるとわかったこと。

1台目のWiiUから2台目に引っ越しさせると、1台目のデータ全てが無くなってしまう!』というもの。

それに『外付けHDDは初期化したWiiU本体にのみ接続可能で、いくらデータをコピーしても同じ本体にしか認識されない』というもの。

うそ!そんな仕様、他のゲーム機にはないでしょう。(-“-)これは、本体が故障した時などの想定なのでしょう。

ここまで、大量に入っていたHDDのデータ移動と戻しに時間がかかり、かなり時間をロスしました。

しかたなく、2台目のスプラトゥーンは始めからやり直しです。

splatoon_03

これも別におもしろいのですが、2台目の購入が、ちょうどフェスと呼ばれるお祭りの翌日。24個もらえたスーパーさざえ(ギアのスロットが回せて、欲しい能力アップできるもの)がパーです。泣きます。 🙁 任天堂さん、スプラ人気で一家に複数台の家だってあるのです。少しは売上げに貢献したのですから、改善してもらえると嬉しいです。

オンラインで嫌なやつに会ったら、すかさずブロック!

splatoon_05

最近、ナワバリバトル(自陣のインクをどれだけ塗り広げられるか)がガチバトル化してきて、ちょっと嫌になるときもあります。開始早々、自陣寄りをふんふん鼻歌を鳴らしながらのんびり塗りたくっていると、後ろからバスっとやられます。

みな目をギラギラさせてキル(相手をやっつける)専門みたいにしている人は、あまり好きではありません。それでも上手い人にはやられてしまっても逆に関心してしまい、あんなに上手く立ち回りたいとちょっと尊敬、ちょっとムカっと^_^;する感じ、それもまた一興です。

ただ、あおりイカといって、相手を倒した後に「へーん、どんなもんだい!!」みたいにイカ姿でチャポチャポする人(これはまだ我慢できる)や、4人で開始してみると、全く闘う気無しでイカ姿で乾いた地面をチャポチャポするやつなど、酷い時は私一人しか闘う人がおらず、スタート地点で攻撃もせずスキップしてクルクル回っていました。(それでも相手4人は血眼になって攻撃してくる有様、スタート地点は安全地帯なのですがねぇ)

去年5月発売ですから、もう玄人なみの人が増えたのでしょうが、マナーの悪い輩もおります。負けそうになるとネット回線をわざとブチ切るのもそうです。別に負けても損はないのですが、途中から勝手に落ちていて、そんな人が仲間だと勝てやしません。ラスト10秒で逆転することも多々あるのですから、最後まで諦めないで欲しいです。

とそんな時にはこれ!バトルが終わってから、そのままゲームパッド下中央のHOMEボタンを押すと出てきます。

splatoon_block

但し、完全にブロックできず、出会いにくくするのみ。終わればすぐゲームに戻れます。

それでも嫌な奴と少しは対面しなくて良いので、最近ちょくちょくブロックしています。そのうちその人たちが遊ぶ仲間が減って、行動改善してくれれば良いのだけれど・・・

「子どもと旦那を送り出した時間が天国だわー」なんて書込んでいる人もいるくらい、老若男女楽しんでいるゲームです。いくら顔が見えなくても、相手を不快にさせないようにしてもらいたいですね。

【Wii U】Splatoon(スプラトゥーン)任天堂 楽天から購入

フランスイカさんからフレンドリクエストもらってどうしよう、言葉通じないと悩み、マヒマヒリゾートで今だに水落ちデスする初心者イカちゃんでした。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です