少しの空虚と自由奔放な生活 ~おひとりさま復活!~

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

sky-s004

この空の明暗のようなこころ持ちの今日この頃ですが、1年弱振りにおひとりさま復活!です。

喧嘩の絶えなかった息子が「友達とルームシェアするから・・・」と今月始めに再・独り立ちです。ガランとなった部屋は寂しくもあり、また自由奔放に毎日過ごすぞー!b(^o^)d  とはしゃいでみたり、いろいろな気持ちが錯綜します。

それでも、私はこれで良かったのだと思っています。うちの親子関係は、距離感を持っていた方が一番幸せなようです。毎日顔を合わせば愚痴をこぼさないといけない毎日よりも、お互いこの方が楽に暮らせます。

息子はゆとり世代で、性格は自己中心的、思いやりに大いに欠けています。小さいときの子育てでそんな風に育てたつもりは全くなく、なぜか父親にそっくりな性格。持って生まれたものって何かあるのだと思います。(顔や声もそっくり) 😎 学生時代に大きな反抗期はほぼ無かったので、「今がその時よ」とおばぁちゃんは言います。

「部屋が汚い!」「早く起きなさい!」「煙草なんて止めなさい!」「遅くまで連絡もなしに飲み歩くな!」など小言と喧嘩が続いた日々、「だからおかん嫌いなんだ!」など面と向かって言われます。こちらも負けじと「私にストレスを与えないことが約束でしょうがっ<(`^´)>」と応戦。

息子と私は考え方が根本的に違っていて、どうもいつまでたっても平行線で折り合わず、結果このようなことに。お友達とルームシェアといっても、全く貯金の無かった息子、部屋の敷金・礼金・保証人は友人が負担した様子。その友人と喧嘩しようものならば、部屋を出て行けーなどど大変な目に合うことでしょう。現に前職の寮(といってもアパート1室で同居)でも、後半は同居人と口も聞いていない状態でしたから、人付き合いが上手くないことが露呈しています。あんなに思いやりがないと、親子でいても私でさえ大変な思いをしましたから^_^;

『可愛い子には旅をさせろ』の気持ちで送り出した私。この先、私が再発しても息子には迷惑をかけまいと決意しています。これは、抗がん剤治療中に家を出て行った息子をみて決心したこと。もし私と息子の立場が逆だったのならば、私には到底できないことなので、親子といえども別の人格なのだと考え、少し諦めモード。

でも!息子が出て行ってからというもの、キッチンやトイレはピカピカ、部屋も綺麗で気持ちが良いです。(別に潔癖症ではありません)居間から離れたトイレだって、ドアを開けたまま入っちゃったり、(#^.^#)これが解放感たっぷりで好き。裸でウロウロしても大丈夫。自由気ままな生活に戻りました。息子も社会の厳しさをきちんと学びますように願いつつ、おひとりさまを満喫しちゃうぞ!

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です