なぬぅ~?老眼じゃと~?!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

zerogra

抗がん剤治療中は、結構視力が低下していてぼやけて見えたりしていました。治療終了後でもすぐに戻らず、おかしいなぁと思っていましたが、手もとの文字が見えづらく、仕事で細かい字を見なくてはいけないので、大きな虫眼鏡を使ってやり過ごしていました。

「これはもしかすると老眼?」と受け入れがたい現実に少し躊躇しましたが、行きつけの眼科へ。術前にあたる3年前は老眼はナシと言われていました。

眼科ではいつもの視力検査と緑内障のチェック。母が緑内障なので遺伝性で私にもその症状が無いか、念のため眼圧や眼底画像解析(目のエコー検査みたいなもの)を受けました。

結果、緑内障は問題ナシ。視力は元々近視でしたがだいぶ良くなっていて、やっぱり手もとの見えづらさは老眼ですと、少しばかりショックを受けながら聞いていました。だってまだ40台なのに。ぐっすん。(T_T)近視が良くなっている原因も、老化によって近くを見る力が弱まり、かえって遠くが見やすくなるとのこと。老化現象ですかぁ~、はぁーとため息。

ゴムで耳にかけるタイプのマスクで頭痛が起こる人なので、眼鏡市場のゼログラにしました。右は元々、夜のドライブで信号機の緑の矢印がどちらに向いているのかわからず、困って作った眼鏡。眼鏡無しだと決まって信号機の前で減速しすぎるので、後ろの車からグイグイせっつかれました。 😳 

左が今回新たに作った老眼鏡(T_T)。でもちょっとフレームにかわいい色を選んで、気を取り直します。これで仕事中、虫眼鏡片手にじっと見ることもないでしょう。ただこの手もと眼鏡、遠近にせず、近近にしてもらったので、ほん1、2メートル先はぼやけて見えて、目が疲れてしまいます。遠近にすると少し見え方が歪むそうで、PC画面で精密な作業をしているのでそれは困ります。なので、かけたり外したりちょっと面倒ですが仕方ありません。このゼログラはとっても華奢なので、少しぶつけたり、はさんでしまったりすると壊れそうですが、気をつけることとします。もし壊れてしまっても、眼鏡市場で1年間は、お安く新しい眼鏡が購入できる特典もあるので、おっちょこちょいの私でも安心です。

それにしても、付属の眼鏡ケース、でかすぎです。ゼログラは普通のフレームのように2つに折りたたむことができないのでこんな形なのでしょうが、以前のタイプは小さかったのにっ。入れ替えて使うことにします。毎日このドーナッツみたいなケース持ち歩きは嫌です。

抗ホルモン剤で、加齢が進んでいる今日この頃、生理も止まっちゃったままです。何かの資料で『40歳台の乳がん患者がFEC治療すると、ほとんどの女性が閉経する』と書いてありました。(どこぞの資料か覚えていなくてすみません)  ふーん、 😎 いいもん!毎月お腹痛くならないし、今のところ著しい更年期障害も出ていないし。もう、この歳でりっぱな老人になってやるー!

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です