Precision Medicine(プレシジョン・メディスン)には手が届かず・・

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
Bookmark this on Google Bookmarks

dna-01

ふとテレビのチャンネルをパチパチ替えていると【プレシジョン・メディシンでがん治療】という番組を見ました。途中から見たのですが、急いでメモを取りながら興味津々でペンを走らせます。

Precision Medicine(プレシジョン メディスン・・番組ではメディシン。でも発音はこっちよね)とは、DNA情報、生活環境やライフスタイルが様々なことの違いをビッグデータ化して分析、かかりやすい疾病をもつ集団ごとに予防や治療に役立てようとするもの。

現在でもがん治療では個別化治療が行われていますが、Precision Medicineはその延長線上にあり、個別化医療でかかるコストよりも集団でとらえることによって医療費を低く抑える効果も期待されています。従来型の臓器・組織別がんに対して一般的にこの抗がん剤という一律の治療ではなく、分析によって効果的に奏功する分子標的薬等を使用し、不要で高額な薬は始めから使わないという選択ができます。

Precision Medicine Initiativeは、2015年1月にオバマ大統領演説で方針として打ち出され、アメリカでは従来行われていたPMI Cohort Programを拡大、リネームして2017年からAll of Us Research Programという大規模なデータ収集・分析が始まります。一方で日本はどうでしょう。国立がん研究センター東病院が中心となり、2015年からSCRUM-Japanという同様の動きがあります。ただ肺がん・消化器がんに限られており、私たち乳がんは入っていません。

このPrecision Medicineでは、遺伝子検査で異常な遺伝子を見つけ、奏功する分子標的薬を部位別がん薬の垣根を超え投与しているそうです。例えば大腸がんにメラノーマの分子標的薬を、肺がんに甲状腺がん用などで効果があったそうです。

スポンサーリンク

 

まず、遺伝子検査は保険適用されていませんので、40~100万ほどかかります。そして今回調べていて初めて知ったのですが、分子標的薬の保険適用はそのがん種類ごとに決まっていて、保険がきかず実費になることもあり、数十万/月にかかる場合もあるそうです。(現在では少しずつ承認を増やそうとしているようです。)

この時点で低所得層のわたくしはアウトであります。(^_^;) 遺伝子検査費用について、がん保険の先進医療特約に入っている方も難しいかと思います。(詳しくは加入保険会社にお問い合わせを)治療の一環とみなされば支払われる可能性もありますが、ほとんどの保険会社がうたっているのは、がん治療にかかわる厚生労働大臣から承認された先進医療行為です。厚生労働省のサイトにある 先進医療の各技術の概要 の一覧を私なりに見てみましたが、該当するものはないと思います。検査は検査であって治療ではないとされた例もあるようです。

また遺伝子検査を受けた場合、全ての人の原因や効く薬が判明するわけではありません。しかし新薬の開発は目覚ましく、後日判明する場合もあるそうです。希望は捨てないで待つことができます。がん遺伝子診断外来を2016年4月に開設した北海道大学病院では原因が特定できない、奏功する薬がない場合でも、落ち込んだこころのケアを引続き行っているそうです。

私は乳がんでHER2陽性、分子標的薬であるトラスツズマブ(ハーセプチン)の治療経験があります。他の抗がん剤とは違って髪が抜け落ちることも無く、心臓への負担もなかったので軽い副作用で済みましたが、やはり1回4万円近くの出費は痛いものでした。保険適用でこの額ですので、自費になったらと思ったらゾッとします。(・へ・)

日本でもがん患者になる確率が高まっている昨今、新しい治療と保険体制によって多くの命が救われ、予防医療にも役立つ、そんな未来がすぐそこにあることを願って、がんサバイバーとして前向きに日々過ごそうと思います。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

2件のコメント

  1. そらさん
    はじめまして。のりと申します。

    8月に乳がーんと言われて落ち込みの4カ月を過ごしました。いくつかお気に入りのブログの1つが、Soraの欠片です。

    そらさんの飾らない気持ちとちりばめられた情報に私の気持ちが癒されました。いつも自然で前向きなそらさんに私はほど遠いのですが、この体で生きていくために、これからもそらさんからエネルギーを頂きます!

    いつか、ご旅行にご一緒できたらなーんて!

    いつまでも元気でいられますように!

    • はじめまして、のりさん
      お読み頂き、感謝感謝です。
      これでぐーたらな私の継続するモチベーションとなります!
      明け透けで文章を書いているので、ちょっと恥ずかしいですが^_^;

      8月に乳がーん(T_T)発覚だと、とても気持ちの余裕が無い時期だと思います。
      私なりに、前に前に少しずつ進んでいく努力にて道は開けてきました。
      「試練は乗り越えられる人にしか、神さまは与えない・・」なんて考えています。
      のりさんも辛い時期を過ぎると、そこには真っ青な空が明るく出迎えてくれます。
      寒いこの季節、暖かくして治療・年越しとお過ごしください。
      旅行楽しいです!気が晴れますしね!(しばらく懐が寂しくあまり行けていませんが^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です