乳がん3年検診をのほほんと・・・

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
Bookmark this on Google Bookmarks

乳がん温存手術を受けてから今年の1月で3年経ちました。かかりつけの病院はCTなどの検査がいつもいっぱいで、3月末にやっと3年検査です。採血・マンモグラフィ・CT・乳腺エコーの検査を受けてきました。1日で全て検査したので、あちこちの窓口に右往左往、ちょっぴり疲れました。 😉 

まずは、採血です。術後1年は6ヵ月ごとの血液検査で再発の可能性を調べていましたが、2年目からは1年毎の血液検査のみでしたので、1年ぶりです。今回、抗がん剤治療で血管を痛めていた右腕での採血にチャレンジ!そろそろスカスカの血管が復活したのではと思い、何も言わずさっと右腕を出してみました。ちょうど運良く、この病院一の痛くない採血の先生にあたりました。ラッキー!(^^)!と大嫌いな注射を前に意気込むわたし。思わず手に力を入れてしまい、「こぶしギュッと握って、ひじは力入れないでゆるくね!」と先生のアドバイス。注射針を刺す時にこのようにすると、痛みが軽減するそうです。

さてベテラン先生、右腕の上側・真横やら刺す血管を探していましたが、「うーん、細いな~。」 この先生を以ってしても、やっぱりだめなのだなと観念して左腕に変更、すんなり2本採血して終了。血管炎で引きつれ、腕が伸ばせなかった頃に比べれば今の腕は良くなりましたが、まだ血管は元に戻っていないようです。よーく見ると右腕の血管にそってまだ皮膚が引きつれている部分もあるし、恐るべし抗がん剤の威力。 😎 

スポンサーリンク

 

次はマンモグラフィです。うちの病院は3Dマンモの機械がまだ入っていないので、2Dです。3Dマンモ興味津々なのですが、いつか入ればいいなぁ。前回、CVポートが入っている健側の左胸は撮影しませんでしたが、「今回もなすび先生はやらなくて良いとの指示ですが、大丈夫だから撮影しましょうか?ポートも壊さないように細心の注意を払ってできますし・・」とお若い綺麗な女医さん。それならばとお願いしました。お胸をギューとつぶされ撮影するとき、左右に顔を向けるのですが、すぐ横で介助しているこの女医さんの顔が、キスでもしてしまうのではないか(笑)と思うほど近く、思わず息を止めて我慢。(+o+) こんなに近かったっけ?とすっかりボケております。痛みはほんの少しありましたが、すんなり終了。

乳腺エコー検査も女医さんでした。研修医もいないので、ほっと安心。あの温かいニュルニュルに耐え、特に脇のあたりのリンパ節をグイグイ押され後で痛かったのですが、ここは肝心なので我慢(・へ・)エコー検査は入念なので一番時間がかかり、ぼーっとしている間、再発があるのかとても心配になりますが、術側・健側・鎖骨まわりの検査も無事終了。

続いてCT検査ですが、午後からの検査でしたので、朝9時から食事は制限され、飲み物と飴玉のみ。そろそろお腹がすいてグーとなりそうなところを我慢。下半身は金属のない洋服を着て行ったので、上半身のみ全て脱いで検査着に着替え検査室へ。造影剤使用が無いので、5分程度であの丸い輪っかに2回ほど入って終了で楽チンです。

と全て予約したものでもひとつにつき30分ほど待たされたり、混雑した会計で眠くなったり、終わってみればぐったりした自分がいました。再発だったらと少しは心配しましたが、次のなすび先生の予約がほぼ1ヵ月先なので、思い悩んでもしょうがないか~とやっぱり呑気なそらです。ついでに本来受けなければならない子宮がん検診や胃・大腸がん検診(自治体で受けるもの)も前年度は何だか受ける気がしなくてパスしたので、今年度はきちんと受けようっと!

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

2件のコメント

  1. そらさん

    こんばんは。3年目検査だったんですね。
    お疲れ様でした。そしていいなぁー

    ブログを読んでると全く問題なさそうです。
    結果はまだなんですね。大丈夫!

    そらさんのように、しなやかにかろやかになりたいです。

    いよいよ、仕事。
    相変わらずうじうじして、母親にむちゃくちゃ愚痴りました。

    ありがとう  のり

    • のりさん、いよいよお仕事再開ですね。
      環境が一変するので、また気持ちも上向きになるはずです。
      春の桜と一緒に明るいのりさんが戻ってきますようように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です