フェアストン錠40のジェネリック

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

先日抗ホルモン剤のフェアストンをもらった時の調剤薬局の処方箋に『同じ成分の以下のお薬をご用意しています。』の文字を見つけました。きっとずっと前から書かれていたはずですが、良く読みもせず今回初めて気づきました。^_^;

このトレミフェン錠40mg「サワイ」のお薬は、今服用しているフェアストン錠40のジェネリック医薬品です。今のフェアストン錠40で3割負担の私の場合、1錠あたり102円の計算になりますが、ジェネリックですと1錠あたり58円ほどとなります。長期服用のお薬ですので、このお値段の差は大きいですね。

さてジェネリックと言っても良くわからなかったりしませんか?効きが悪いだの、2番煎じだのと言われたりしますが、薬に使われている主成分と量は全く同じです。先発薬の特許期間が過ぎて、他のメーカーから安く提供されるものがジェネリック医薬品なのです。違いは添加物や医薬品の承認試験数が1/6程度に減っていることです。ですから長期保存や身体への吸収・分布などの細かいチェックが無いのです。それでも先発薬より飲みやすくなっていたり、価格が低く抑えられているものがほとんどです。

かく言う私は、乳がん治療に対してはジェネリックは使わず、先発薬をもらっています。頭痛薬などはジェネリックでもらったりもしますが、皆さんはどちらでしょうか?医師の中にもジェネリック医薬品をまだ様子見で避けているようなこともありますよね。5年10年先にはどんどん医療が発達して大差なくなってくるかも知れません。

スポンサーリンク

 

いくら国が医療費削減の方針でジェネリック医薬品を推奨しても、なかなか浸透していないのが現状ですが、国としてはこの先、お薬の8割がジェネリック医薬品になるよう目指しているそうです。

ともかく、服用する側が自由に選択できることは幸せです。自分の都合に合わせて先発薬か後発のジェネリック医薬品を取るか考えればいいのですからね。またオーソライズドジェネリック【AG:Authorized Generic】というものもあって、先発薬を作ったメーカーまたは子会社が先発薬と全く同じ成分で作るもので、こちらは全く心配なく置き換えができます。抗ホルモン剤ではまだ出ていないようですが、もっと販売される薬の種類が増えて患者側の負担も減ると嬉しいです。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

4件のコメント

  1. 空さん、初めまして。
    私もトリポジ乳癌患者で、
    いつも空さんのブログを読ませていただき、
    助けられました!
    本当にありがとうございます!!
    今抗がん剤治療中なのですが、
    私もシイタゲン飲ませてもらい、
    副作用が軽減し、白血球数も高くなりました。
    教えてくださりとても感謝です。
    教えていただきたいのですが、
    シイタゲンは今現在も飲まれてますか?
    高価なものなので、治療終わったらどうしようか
    悩んでます。
    突然図々しい質問をお赦しください!

    • えみさん、訪れて頂きありがとうございます。
      トリポジ仲間ですね!まだ抗がん剤治療中とのこと。少しでも副作用が軽くすみますように。
      シイタゲンですが、現在は飲んでいません。体力が戻ってからは定期購入を休止し、お財布にやさしい生活を送っています。^_^;
      今のお仕事は短時間のパートさんですし、できるだけ節約しています。身体の調子を優先している生活で気ままです。

      えみさんも治療後の楽しみをたくさん計画して、前へ前へ、1歩ずつ歩まれますように。

      • お忙しい中、お答えくださり、感激です。
        空さんのような方のブログは、乳がん患者にとって、
        とても心強くさせてもらえます。
        本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

        • こちらこそ、感謝の念でいっぱいです。
          拙い文章しか書けず、しばらく乳がんの再発も無いし、しょうもない記事ばかりで反省する毎日です。< (_ _)>
          がんサバイバーとしてみんなで前を向いていきましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です