母の日の反省とひの新選組まつり

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

毎年欠かさず見に行っている日野の新選組まつり2018に今年も行ってきました。5/12(土)から向かい、私のメインは土方歳三資料館での限定展示、和泉守兼定の刀身見学と新選組友の会さんが主宰されている高幡不動尊での講演会です。それと一緒に行ったお花好きな母のため、国営昭和記念公園のお散歩も込みです。

12日10時前に着いた土方歳三資料館、展示室前では並ぶことなく見学できました。いつものようにご子孫の愛さんもお土産販売で立っておられました。歳三さん血筋とあってお綺麗です。

隣の建物で販売していた函館のヒジカタ君ショップの方が今年も並んでいて10分ほど待ちました。iPadでのレジ(1台のみ)に時間がかかって1列に並んで購入しなければならず、改善して欲しいところです。

 

スポンサーリンク

 

お次は母のため、車で20分ほどの国営昭和記念公園へ。3年弱前にも来ましたが、広ーい公園です。お休みの日は巡回バスがフリーパスではないため、レンタサイクルを借りて回ります。入口から一番奥のシャーレ―ポピーの花畑、真っ赤に染まってとても綺麗です。

ですが自転車で回る際、ここまで来るには緩い坂を上って来なくてはいけないのですが、高齢の母、のぼりきれず序盤から息切れで自転車を押して歩いていました。事前に「自転車大丈夫?バスにする?」と聞いたときに「大丈夫よ」との返事。でも自宅で電動自転車に乗っているので、自身でも体力の衰えに気付かなかったようです。75歳ですから私の方で配慮しなければなりませんでした。毎日1・2時間のウォーキングをする母を過信してしまいました。反省です。 😳 

それでもあちこち花畑を見て回ると上機嫌の母。係の人にお花の名前を教えてもらったり嬉しそうです。良かった。次回は園内バスに乗ってもらいます。

日野に戻り、高幡不動尊での講演会のあと、いつもの宿へ。夕暮れまでの時間、近くを流れる浅川の土手をゆったりとお散歩です。

ふれあい橋から上流の橋までぐるっとお散歩しましたが、川沿いの整備されたさんぽ道に吹く風がここち良く、母も私も大好きなひとときです。

雨が心配された次の日の朝、なんとかセーフ。

高幡不動尊境内でパフォーマンスを見たり、パレードを観覧したり親子で楽しみました。

お昼は門前にある開運そばさんで日替わりランチを頂きました。たぬきと野菜丼、お腹パンパンになりました。

母の日でもあったこの日曜日、午後2時頃から雨となり、パレード観覧を途中で切り上げ移動。「バスで行こうか?」との私の提案も「大丈夫!」という母の返事で上り坂をだいぶ歩いてもらってしまいました。坂の上で息を切らしている母を見た時、再度反省。母の大丈夫は大丈夫ではないのだな、もっと体力の衰えを考慮しなくてはいけないなぁと自分自身に言い聞かせました。お母さんごめんね。来年は仕事で来れなく残念がっていた息子も一緒にまた来ようね。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です