スイーツ断ちと新しい女医さん

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

関東も暑い夏、外を吹く風がまるでドライヤーのごとく熱風で少々まいっています^_^;
今日は乳がん3ヶ月検診日。主治医の移動により新しい先生にお初にお会いするとあって、「怖い先生は嫌だなぁ」など不安を抱えつつ受診です。

始めは漢方の先生。この先生も代わったばかりですが、森本レオさん似なので、優しい感じ。 😛 
でも前回から言われていた「甘いものを断って、浮腫み解消、甘味はがんのえさですから」というご指導を守ることができずに、かき氷などで涼を取っているダメなわたし(^-^;

スイーツ摂取は随分減った方ですが、まだ会社でたまにおやつタイムで食べてしまいます。うちの社長が女性のみにスイーツを頻繁に持ってくるので同僚と一緒に取ってしまうのです。仕事でつまってほっとする感じもするし・・。でもレオ先生、「トランス脂肪酸も多く含み、身体に毒です。2週間我慢してみてください。脳が欲しなくなります。」と。うーんできるか? 😳 「先生、のど飴も駄目ですか?エアコンで乾燥してイガイガするので」するとすかさず先生「もちろん駄目です。うがい薬出しますね。」

トホホ。スイーツ好きのわたし、できるだけ頑張ります。 😳 今回はレオ先生が私の脈をみただけで「夏バテですね。」と診断、桂枝茯苓丸を休薬してしばらく五苓散料(ゴレイサンリョウ)を1回6錠(むくみ、夏バテ対策)1日2回と、以前から服用中の麻杏よく甘湯(マキョウヨクカントウ)顆粒 1日3回(関節痛緩和)となりました。

さて初受診の乳腺外科の先生、待ち時間に他の患者さんが「あら、女医さんよ!」と。同じように担当医師交代の様子でした。調べると医大を卒業して間もない先生で、マンモ読影医師の資格のみお持ちです。正直言ってほんの少し不安になりましたが、まぁお会いしてみてから!(^^)!と予約より2時間弱待たされて受診。うん、丁寧な先生で時間がかかっているのだろうと解釈。

お会いしてみると小柄でまじめな印象。いつも先生にあだなをつける性質ですが、今回は意思疎通に必死で考えられず次回へ持越しです。先生はこれまでの経緯を確認、胸の触診は同じ女性なので安心してお任せです。結構細かく触診されて、前任のなすび先生より長かったです。

「なすび先生は5年で投薬終了若しくは10年など言っていましたか?」という女医さんの問いにあやふやな回答のわたし。実は前回なすび先生に聞いたとき、5年と言っていました。でも私自身10年も視野に入れていたので、これから考えようと思って濁しました。カルテには記載なかったようですし(^_^;)

いつものCVポート洗浄も女医さん初挑戦だったようで、看護師さんに「この丸いものつけたままですか?」など聞いておられ、またちょっと不安に襲われましたが、ほんの少しチクリとしただけで無事終了です。

20才台の女医さんで少しばかりの不安もありますが、「この方ならばお任せできそう!」とこの日は感じました。ふーっと一息、問題なさそうです。次回あだな考えちゃおうっと。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です