CVポートフラッシュ3時間 ~雪の日作戦失敗~

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
Bookmark this on Google Bookmarks

usagi

2月は日にちも短いですが、通院も私用も予定が目白押しでゆっくりできない日々です。

私の希望でまだ留置されたままのCVポートのフラッシュを近所の病院でお願いしましたが、すでに前回から1か月以上経ってしまいました。CVポートの説明書には少なくとも4週間に1度のフラッシュをとのことでしたので、現在何も点滴治療のない私はきちんと行かなくてはいけません。日にちがどうしても取れず、先週の雪の日に仕方なく出かけました。

途中雨に変わったり、みぞれになったりしていましたが、寒い1日です。こんな日だから病院に来る患者さんも少なく、スムーズに小1時間で帰って来られるだろうと思ったのが浅はかでした。(^_^;)

受付を済ませてから、1時間半待っても順番は回ってきません。隣の整形外科は同じくらいの患者さんがいても回りが早かったのに、外科は1人に30分以上かかっています。よっぽど丁寧なお医者様なのだと諦めましたが、ずっと座っているのでお尻が痛くなってくる始末。

2時間近く待ってようやっと順番、扉を開けて座る間もなく、
「問題ないですね?では処置室にそのまま向かってください。」 😯 

この病院でフラッシュを受けるのは2回目。1回目は初めてということでお医者様自らフラッシュしてくださいましたが、次回からは看護師さんでと聞いていたのでわかります。

でも疲れていた私、内心「始めから待たなくても、そのまま処置室通してくれればいいのにっ 😕 」と仏頂面です。フラッシュはものの3・4分で終了、会計でもまた待ち、結局小1時間と思っていたものが、3時間以上かかりました。雪の日作戦失敗、この日担当の外科医の名前を覚えておいて、次回は違う医師の担当曜日に行こうと固く心に決めました。ふぅー疲れたです。でも普通に外科としてかかるには良い先生なのでしょう。私はものの数秒しか相対しませんでしたのでわかりませんが^_^;

明日は乳がん術後、1年検診です。マンモグラフィから始まり、エコー検査CT検査と丸1日かかりますが頑張らなくては!マンモ痛くない先生がいいなぁ。挟む人によって痛さって違いがあると思うので、運を天に任せます。でも痛くとも隅々までチェックしてもらうためにはかえって痛いぐらい引っ張られた方がいいのかも知れません。それとCVポートがあっても、どの検査も問題ありません

【2015年2月追記】
1年検診でマンモグラフィー検査について変更がありました。このときは両胸検査でしたが、次回からはCVポートを壊す恐れがあるのと、加減して挟むと良い画像が撮れないとのことでポート側は検査しないですと言われました。【追記終わり】

1年検診の後は、週中に大好きな海の近くのお風呂に行く計画です。お刺身大好物ですから、おいしい海の幸と生ビールもお楽しみ。そういえば術前抗がん剤中は生ものを一応避け、お酒は飲む気がせず殆ど口にしませんでした。なすび先生は私に何も食事制限言わなかったので食べても良かったとは思いますが、ドセタキセルが始まってからは味覚障害で無理でした。本当に今は幸せです。あの頃食事でツライ思いをしたことが遠い昔のようです。どうかこの状態が少しでも長く続きますように。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です