初!花粉症と中耳炎のダブルパンチ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

桜が咲いても菜の花がいい香りを運んできても、まだまだ寒い関東です。更新がだいぶ遅れました。体調を崩し、大人なのに中耳炎になってしまいましたー。ついでに今年から本格的に花粉症の仲間入りです。鼻水ひどく、耳は詰まっているし、聴こえも悪い上に耳鳴りで最悪です。 😎 

3月に無理をしすぎたせいで、今ボロボロの模様^_^;。たくさん入った週末の倉庫バイトもいけなかったかもです。日勤のお仕事の後、スポーツジムで1レッスン受けて踊った後、お風呂に入ってからそのまま朝まで夜勤で働くパターン。倉庫では暖房もなく、体力勝負のお仕事。朝方家に戻ってくるとかなりヨレヨレの状態でした。若くないのだから無理は禁物ですね。

でも初春にたくさんの出費が予定されていたので、少しでも頑張らねば!!と励んだ結果です。予定していた出費以外にもカーナビは壊れるし、家の液晶TVはおじゃんになるし・・・で馬車馬のごとく働きました。

2月から続いていた鼻水はずっと透明なもので、今まで花粉症ではなかった私ですが、3月には職場で保湿のティッシュ箱を手放せず、四六時中かんでいました。そんな折、明日は友人とお花見におでかけ!という前の晩、急に息が止まるかと思うほど咳込み、色のついた鼻水がいっぱい出ました。微熱も出てどうやら風邪も併発。お花見を断念しおとなしく養生していましたが、あるとき鼻をかんでいる時に右耳が詰まってしまいました。ちょうど水曜日の晩で、近くの耳鼻咽喉科は木曜定休ばかりで泣きが入りましたが、(T_T)やっと金曜日の仕事終わりに受診できました。

病院でもらったプリントにあるように【滲出性中耳炎】と言われ、聴力検査も聴力レベルが低く、チンパノメトリー検査という鼓膜の動き具合を調べる検査でも標準値以下でした。良く罹る年齢が1~6歳位とあるように、耳管が短く水平に近い子どもたちは罹りやすい病気なのですが、大人はあまり罹患しません。それだけ免疫力が落ちていたのだと反省しきりです。

私が子どもの頃にも罹った記憶がないので初めてのようです。自分の声や咀嚼音がこもって聞こえるし、右側は聞き取りづらいし、詰まってすぐは耳痛も頭痛もありました。プールで耳に水が入ったままの状態がずっと続いている感じで、耳鳴りもあります。

耳鼻科で鼻から耳に空気を通す(耳抜き)通気治療を受けましたが、右耳は通りませんでした。処方された抗生物質と鼓膜の内側にたまった浸出液を流しやすくする内服薬での治療です。早く直したいので大好きなスポーツジムでの激しい運動は避け、倉庫バイトもずっと休んでいます。

耳鼻科で行った花粉症の反応検査(血液検査)の結果が今度出ます。注意するものを見極めて鼻水や咳を少なくしないと中耳炎も良くならないので、いつも飲んでいるフェアストンや漢方薬に加え、アレルギーの薬やら咳止め、抗生物質など薬の量がいっぱい。その副作用か食欲が少し減退しているのですが、スポーツジムで動いていない分、体重がジリジリ増えてきているので早く中耳炎を治したいです。

 😳 せっかく購入したスポーツジム用のスイムスーツも中耳炎で使えず、タンスに眠っているので早く治ってジムのプールで初泳ぎができますように。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です