得体の知れない隣人に慄く

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

おひとりさまを満喫していつもは気ままで良いのですが、今夜のようなときには1人打ち震えて小さくなってしまう有様。もう神経すり減りそうです。

原因は住まいにあります。うちの集合住宅には変わっている人が多く住み、困ってしまうことが多々あるのです。今宵は壁か床をガンガン叩く大きな音と振動、隣人2軒ほどでガンガン叩き合いになり、1時間ほど続きました。途中女性らしき人がドアや窓をバタンバタン開け閉めし、大声で怒鳴り散らしていますが、何を言っているのかは聞き取れません。

運悪くちょうど私の住む部屋の真下と真横の隣人らしいのですが、真下の住人には一度もお会いしたことすらなく、得体も知れず怖さが倍増するのです。言わずもがな真下の住人はお掃除当番を毎回サボっている様子で、つい先日も集合ポストに『お掃除当番をきちんとやってください!』という貼紙をされていました。

その貼紙が無くなったと思ったら、その問題のお宅とうちの集合ポストが破壊されていました。盗難防止に付けていた鍵ごと、ポストの扉を壊してパカパカの状態、固いアクリル樹脂の名前入れも割られ、散々な状態。それも今回が初めてでは無く3回目位なのです。

お掃除当番を注意する貼紙は私が付けたものではないのですが、何か勘違いされているのかと思うとゾッとするし、犯人が誰かもわからないし・・(p_-)

自宅でうっかり物を床に落としてしまったときにもドンドンと壁を叩く音で返されたりするので、ものすごく気を遣って生活しています。部屋を歩くときもすり足です。

ついでにお隣の30歳前後の息子さんもかなり変わっています。以前夜中の12時にうちの玄関チャイムを鳴らし『ドアを大きな音で閉めたのはあなたですか?22時以降に帰宅するって信じられますか?うるさいでしょう?!』と聞いてきたことがあるのです。もちろん私ではなく、玄関先で違いますと返答して彼を帰しましたが、22時過ぎにだって帰宅するときはありますし、何だか怖い~。

今宵は運悪くお付き合い中の彼もお出かけで電話できず、ドンドン音がする不気味な感じに「いつか事件とかになって巻き込まれたらどうしよう~(T_T)」など不安が募り心細くなってしまいます。こんなときおひとりさまの不自由さを痛感するのですが、これも仕方なしと諦めていかなくてはなりませんね。でもこのブログで愚痴をこぼしたので、少しモヤが晴れました。ありがとうございます。週末の3連休を楽しみにして頑張ろうっと!

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です