本当におひとりさまになる ~息子の進路の行方~

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

sky&small orange今回は、乳がんネタではないので読み飛ばしてくださって構いません。

【おひとりさま】って書いてあるけれど、息子いるでしょ!ってお気付きの方(^_^;)
このサイトはさかのぼって書いているので、既に本当におひとりさまなのです。

私の乳がん発覚が、息子私立校高3のとき。
もともとお勉強が苦手で大っ嫌いな子なので、大学進学は考えていませんでした。
でも親としては”手に職”をつけて欲しかったので、病気発覚後でも金銭的に苦しくない職業訓練校や住込みの職人さんにでもと思っていたのです。息子が小学生のころから私は口癖のように
「誰にでもできる仕事ではなく、その人にしかできない仕事に就きなさい。」と諭していました。

でも。
息子の高校では就職組は皆無。
また息子自身なかなかバイトにつかず、始めたのは2年生の終わりです。
近所のラーメン屋さんに張り紙があったのを私が見つけて、やっと重い腰をあげてくれた経緯があります。何をするにも自分の力で行動しようとしない、他力本願なところがあり”面倒なことは避けていきたい”という子です。
なので、そのままバイト先に就職すると言い出して、私は猛反対

 

スポンサーリンク

 

息子は料理も大っ嫌いで、少し頼むとすんごい 👿 ことをしてくれます。
私が抗がん剤で苦しんでいた中、冷蔵庫にあった野菜を使って料理をお願いしたら
面倒だったのかやらずに腐らせてしまい、それをキッチンの戸棚の奥深くにしまいこんで隠していました。
腐った汁やにおいがそれはすごくて、私は吐き気を抑えながら掃除しました。

また以前、私が仕事から帰ると家中が焦げ臭く、息子にどうしたの?と聞くと
「外で野焼きかなんかで家の中まで入ったんじゃない?」って。でも焦げ臭いにおいがいつまでたっても消えません。するとまた押入れから木の取っ手が丸焦げになった鍋が出てきました。一歩間違えば火事になっていたことでしょう。それ以来、息子はガスレンジ使用禁止になりました。

この他にも、息子の部屋の押し入れはゴミ屋敷化しており、何度注意してもダメ。
押入れの中から、バイト先の社食用のどんぶりも洗わないまま幾つも出てくる始末。
こんなだらしない子が人様に食を提供するなんてもってのほか!と何度も説得しましたが、試験で入る学校や修行タイプが嫌だったようです。(高校入試も難しい試験無しでしたので)

でも高校の担任は息子に「いいじゃないか!」と背中を押し(クラスの進路未定の数字を減らしたいのかも)本人はその気になっていました。

私は息子の忍耐の無さも知っていたので、将来のためにも目先の楽ちんのために進路を決めて欲しくはなかった。もしかすると私はこの子の遠い将来を見守ることができなくなるから・・・
「どうしてもバイト先に就職したいのならば、家を出て行きなさい!残りの学費も出さないわよ!」と。それほど大反対だったのです。

結局息子は出て行きました。バイト先の寮に転がり込んだり、いきさつを知った私の弟が高校卒業まで居候させてくれたり。9月末のことでした。

息子はこの先自立してくれないと困ります。別れた父親も胃がん、私は乳がん
誰かに頼りたいときに誰もいない可能性があるわけです。

私も抗がん剤で苦しむ中、ものすごくその時期は悩んで悩みまくっていました。
まさか本当に家を出て行くとは・・(*_*;
でもあの子が選んだ道ならばと考えることにして、療養に専念しました。

私の乳がんを一切知らない私の母親からは
「よく子どもを家から出して平気ね!清々してるなんて信じられない!」と何度も責められましたが、
私は一度たりとも清々しているなんて言ったことありません。
でも毎日仕事から帰って怒鳴らなければいけないことが全く無くなって、療養には良かったのかも知れません。
私の事情を全部知っている弟に感謝。一時息子をよろしくお願いします。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です