水入らずの日野新選組まつり

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今年も5月の日野の新選組まつりに行ってきたお話し。今年は家族揃ってのお出かけで天候にも恵まれ、高幡不動尊の五重塔もつつじと相まってキレイです。

東京都日野市で毎年5月に開催される新選組まつりは、わたしが新選組好き、日野ののんびりとした風情が大好きということで1泊2日が恒例になっています。浅川の土手をそぞろ歩くのが一番好きで一時は移住も真剣に考えたほどですが、その頃乳がんが発覚し夢と消えました。

これが浅川の土手の夕暮れです。電線などが無く空が広いし、空気も澄んでいてほっとするところです。ここからもう少し下流に行くと多摩川と合流します。こんなところに住んでわんちゃんと一緒にお散歩なんて素敵だろうなぁ・・。土手沿いに見えた特老ホームを見て「こういうところに転職したら?」なんて同じく日野好きの息子に言ってみたりしました。時間の流れが違う気がするし、心地良い静寂がうちの住んでいるところにはありませんから。この癒しを求め、毎年1泊するのです。

一緒に行った母はあまり新選組に興味がないので、大好きなお花や動物目的で多摩動物公園にも連れて行きました。結構坂道が多いので園内バスも乗りましたが、蝶がたくさんいる温室などはバスが通らないため、高齢の母には少しキツそうでした。すんません。

今年のパレードでは、幕末に新選組が召し抱えられた会津藩のお殿様の子孫にあたる方が参加(写真右下)されていました。毎年のお楽しみ、パレード2周目、銃撃戦での寸劇(写真左上)も楽しかったのですが、いかんせん座る場所取りの位置を間違えてしまい、あまり良く見えず残念。次回は頑張ろうっと!

スポンサーリンク

 

それと今年はいつもの新選組関連の講演会には参加せず、日野市役所傍のひの煉瓦ホールにてさくらさくらカンパニーなど2劇団の公演を見ました。いつもパレードで出し物として見ていましたが、全て女性の劇団で殺陣がカッコイイところと、小さな宝塚のように男装や発声の仕方が素敵なところなど結構楽しみました。でも小ホールでの開催だった為、椅子が折り畳みの簡易椅子で終わりにはお尻がカチカチになってしまいました。 😳 

高幡不動尊前の開運そばにも、また行きました。息子はとろろそばの他にむぎとろごはんも追加し、山芋づくしです。ビールもヱビスの生なのでおいし~(#^.^#)

高幡不動尊横の小さな山にはお散歩で何度も登っていますが、朝、息子と2人で行きました。一時は険悪な関係になっていた息子と今では元に戻り、ゆったり水入らずでお散歩。上まで登ると街が一望できて気持ちいいのですが、お目当ては山頂付近にあるこの大木。土方さんが少年時代にお不動さんで遊んだ時もあったのではと思えるほどの大木で、なんだかパワーをもらえる気がして、うちのパワースポットとなっています。

去年のおまつりのすぐ後に父が他界していろいろありましたが、また今年も無事に来れて感謝。この幸せをかみしめて・・

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です