えのすいを満喫+α

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

大好きな青に照らされた『えのすい(新江ノ島水族館)』のクラゲの球体です。3連休あいにくの天気でしたが、ゆっくりお出かけしてきました。まんまるボールの中にみかんほどの大きさのブルージェリーというクラゲが悠々と泳いでいるところ。上から水の流れもあって、ジメジメした天気でしたがここは別世界のようです。子どものとき以来訪れたこの水族館、規模は小さいですが楽しめました。

アカクラゲや多種多様のクラゲたち。でも良く見るとながーい触手が絡まって泳いでいるのです。時には小さなクラゲが大きいクラゲに絡まったままフヨフヨしていたり、どうやってあの絡まりを解くのか心配になりました。 😳 

大好きなチンアナゴも数匹、上の写真左下はフウセンウオという全長10cmほどのかわいらしいお魚。腹びれが吸盤状になっていて岩にぴったりくっついています。そして水族館になぜかカピバラさんが・・・すっかり乾いた土地で暮らしているのだとばかり思っていましたが、水辺の生き物なのだそうです。

同じく水辺の生き物、カワウソの家族がハンモックで仲良くお昼寝中。昔飼っていたフェレットを思い出します。ハンモック気持ち良さそう(#^.^#)

イルカショーも背景に江ノ島と海を眺めながら見ることができます。規模はとても小さいのですがこれが晴れた日でしたら最高だったと思います。残念。夏向けにイルカたちがバシャバシャお水を観客席に飛ばしていましたが、まだ梅雨も晴れないこの日、泣きそうな男の子が前の席からショーの途中で急いで逃げていました。濡れてしまってはまだ肌寒い陽気です。^_^;

相模湾大水槽は自然に近づけて展示されていますが、『うおごころ』というショーでは、ダイバーのお姉さまがネコザメほか抱っこしていました。2万匹ほどいる中で10匹ほどは懐いているそうなので、泳いでついて来たりする姿がかわいかったですよ。

お昼は『えのすい』を出て、江ノ島駅近くのお店で生シラス丼を頂きました。上にのっかっているのは温泉卵です。臭みも無くとってもおいしかったー。一緒に頼んだ江ノ島ビールですが、1年半ほど前に飲んだときは青い瓶で濁っているビールだったのですが、今回は透き通ったタイプの違うビールでした。前のタイプが好きだなぁと少しがっかり。

食後江ノ島にお散歩に行きましたが雨が降りやまず、江ノ島入口右手にある『えのすぱ』の1階、江ノ島カフェで雨宿りです。中は一般に開放されているので、スパの利用がなくともゆっくりお茶ができます。館内の照明も明るすぎず、落ち着く空間です。

私はタピオカのミルクティーが限定品とのことで頼みましたが、タピオカがもちもち食感で昼食後でしたが、またまたお腹パンパンになりました。オリジナルブレンドだという江の島珈琲も推しのようでしたよ。

この日の朝は雨の予報が無かったのに、江ノ島は雨ばかり。それでもめげずに島の頂上のサムエルコッキング苑にも歩いていきました。だって気になる人と一緒だったからです。 😳 まだ知り合って間もないのでぎこちない2人ですが、ゆっくりのんびり時間を重ねていけたらと思っています。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です