曇天の中、熱海へドライブ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

まだ梅雨も明けぬ週末、熱海市にあるアカオハーブ&ローズガーデンにドライブしてきました。写真は、COEDA HOUSEと言われる木のぬくもりが温かいカフェ。小高い丘で海に面して建っているので絶景です。2020年オリンピックの新国立競技場の設計でも知られる、建築家 隈研吾氏の作品。晴れていればもっと素敵だったのですが、雨が降らなかったことで良しとします。

こちらが海側です。デッキに座ってのんびり海と空を眺めます。(でもやっぱり晴れの空がイイ)このすぐそばに海に向かって漕ぎ出すブランコや、恋人同士で並んで座って写真を撮るスポットなど、デートに最適。でも私たちは年齢もいっているし、若いカップルが楽しんでいるのを微笑ましく横目に見てスルーしました。 😳 

カフェでローズヒップとオレンジのグラデーションが美しいドリンクやタルト・バームクーヘンを購入しお茶タイム。さっぱりして美味しかったですよ。バームクーヘンのシュガーかけは個人的にないほうが嬉しかったですが^_^;

このアカオハーブ&ローズガーデンは、大人千円にて入園(2019年7月現在)し、始めに専用バスで海に面した小さめの山の上まで連れて行ってくれます。その後、ゆっくり山を下りながら散策します。こんなかわいらしいスポットもあり、薔薇の時期は過ぎてしまっていましたが香りのよい薔薇も少しは残っていましたし、様々なお花が咲き乱れてゆっくりお散歩すると、とても癒されます。

手のひらより大きなユリの花も道端に咲いています。まだまだぎこちなく距離を取ってお散歩している二人の私たち、出会ったばかりなのでまだ手も繋げません。(^^ゞ

ふもとへ降りる途中、立札があり『ここは自然なコンサートホールです』みたいなことが書かれており、そこに立って声を出すと前の段々の壁に反響してとても面白かったですよ。ここで歌ったら楽しそうですが、他にたくさん人がいたので歌っていませんよっ。(ホントは歌いたい!)

スポンサーリンク

 

ちょうど専用バスに乗ったところが入口であり、出口にもなっています。庭園の中にはイタリアンレストランもありましたが、せかっく熱海に来たのだからと外に出てから別のお食事処でごはんに。海沿いの通りにあったお店です。ここも海の真ん前なので、今度は絶対晴れている時に来たいです。

やっぱり海の幸でしょ!とお刺身定食と海鮮丼。蟹のお味噌汁が2~3人分あるのではないかと思うほど大きな汁椀。新鮮なお魚と一緒にお腹もほっぺたもほっこりです。

乳がんを経験して、かつてはもうおひとりさまを貫こうと決めていたわたし。でも最近は心の支えとなるパートナーって大事だなぁと思います。彼に病気のこともきちんと話し、理解してもらえました。「20歳の人だって急に病気になったりするのだから関係ないよ。それより言いづらかったでしょう?話してくれてありがとう。」と気にしないと言ってくれる彼。ありがたいです。ゆっくり大事に一緒のときを刻んでいこうと思います。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です