すわっ 新型コロナ疑い(^-^;

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今回は私の新型コロナ疑いのおはなしです。都道府県をまたぐ移動が解除される前の先月、在宅ワーク中で通勤電車にも乗っておらず少し安心していたところ、その日の夜、急に体調が悪化しました。

まずお腹がゆるくなり、「あれっ?まぁお薬飲んでおこう!」と市販薬を飲んで横になっていました。ちょうどその日は彼が外出中だったため、ひとり早めにお布団に入って休みました。でもなぜか寒気がひどく、毛布をかぶっても足先は冬場のように冷え切って、彼が帰った頃にはぐったりなわたし。

『熱でもあるんじゃ?』という彼の言葉でやっと気づき、体温を測ると38度を優に超えていました。「もしかして新型コロナかぁっ! 😯 」とすぐさま彼から離れ、別の部屋に自主隔離。お引越しの片づけでホームセンターに良くお買い物に行ってしまったし、どこかでもらってしまったかも・・・

その時22時を過ぎていたので、病院へは明日にしようとそのまま我慢。38.7度の熱と腹痛で夜更けになっても眠ることもできず、とても苦しい夜を過ごしました。ただただ頭をよぎったのは「彼にうつしてしまったらどうしよう(/_;)」・・とそればかり。

次の日もお昼近くまで起き上がることもできず、熱も下がらない私を見かねて、お休みを取ってくれた彼が保健所へ連絡、状況を説明すると『喉の痛みや咳が無いようですから、一般のかかりつけ病院に行ってください。』と指示され、引越したばかりでかかりつけ医も決まっていない私は困ってしまいました。

いきなり近くの病院へ行っても困るだろうし、一応大きめの病院に状況を説明して受け入れてもらうことに。始めは自分で車でも運転して行こうと思ったものの、やはり身体が思うように動かせず結局彼に連れて行ってもらいました。

スポンサーリンク

 

予め病院の裏手からお入りくださいと指示されていたので、人気のない入口へ。少し待つと別室に通され、フェイスマスクと防護服で完全防備の女医さんが待ってくださっていました。

新型コロナが蔓延しているからか、胸の聴診器もなく、喉を見るわけでもなかったです。ただ問診表に水様便がある旨書いていたので、先生はお腹を押して『整腸剤と鎮痛薬出しますね。』と。コロナかどうかの判定も検査もなく(保健所指示がなかったので)先生は『私はどちらとも言えません。』とおっしゃっていました。

この頃には私の熱も37度台に下がってきたので、お薬をもらって帰宅。後に彼も同じ症状で高熱を出し、本当に心配したのですが、呼吸が苦しくなったり、咳が出たりということが一切なく、ただ倦怠感と下痢に数日間悩まされました。

結局コロナ禍で普段であれば細菌性腸炎なのかなど、検査があって普通だったと思うのですがそれもなく、自己治癒力で治るのに時間がかかり、のちに地元の小さな診療所で処方された抗菌剤ですっかり良くなりました。でも何の病気だったのかはわからないままです。 😳 

健康第一、新型コロナに負けない身体づくりをしよう!無理をせず、気負わないことと二人で話しこれからも気を付けようと思います。今、満員電車に乗って1時間半ほどの通勤、より一層注意しなくてはと思うsoraでした。

ここまで読んでくださった あなたに感謝。<(_ _)>

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ follow us in feedly
こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です